Seesaa blog   Sign In

フォレストPEN

PC、WEB、NICOLA(親指シフト入力)、CSS、IDDM・・・・・・についてのメモ

2004年10月30日

プラウザ、Firefoxについて

もじら系のプラウザ、Firefox/1.0RC1のテーマがいくつかバージョンアップされているようです。私が今まで使っていたテーマが今日バージョンアップされたので元のテーマに戻したところです。

ところで、最近はインターネットエクスプローラーをほとんど使っていません。
ではFirefoxをいつも使っているのか? これも答えは「いいえ」です。
実は、今もIE系のプラウザ、Sleipnirを時々使います。やはり、何年も使い続けたタブプラウザーは使いやすいのと、Firefoxにはない機能がどうしても使いたいというのがその理由です。
セキュリティ面からはFirefoxの方がいいのでしょうが、使い勝手は少しSleipnirの方が勝っているかなといった印象はまだあります。
FirefoxとSleipnirを足して2で割る。もしそんなことができれば最高なんですが…。
だが、これはFirefoxの数ある拡張機能を使い切っていないことなのかもしれません。

それだったらSleipnirのエンジンをGeckoにしたらどう?
そうですね、それでもいいのですが、ちょっと中途半端。お互いの機能が十分使えなくなってしまうという欠点が。これはMaxthonも同じ。特にMaxthonではスクロールボタンでのスクロールがまったくできなくなる。

インターネットエクスプローラーとFirefoxでは問題なくFirefoxに軍配が挙がるのですが。
posted by PEN at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2004年10月29日

Firefox 1.0の最終テストバージョンがリリースに

CNET Japan にFirefox 1.0の最終テストバージョンがリリースされたという記事が載っていたので、さっそくインストールしてみた。

バージョンはFirefox/1.0RC1。
日本語版もあったが、とりあえず英語版をダウンロード。プレビュー版の時に日本語版がうまくインストールできなかったので英語版を使っていたというのがその理由。

インストールはうまくいったのだが、残念なことにプレビュー版で使っていたテーマは全部使えない。
現在使えるのはどうやらデフォルトのテーマのみ。
プレビュー版で使っていた12個のエクステンションも約半分はアップグレード待ち。今は半分しか使えない
近いうちにアップグレードされて使用可能になるとは思うが…。

で、プレビュー版の250のバグを修正したという点はというと…。
そもそも私にはプレビュー版で不都合を感じたことが一度もなかったので、前バージョンとの違いなどまったくわからないというのが正直な感想。

とにかく、正真正銘の正式版Firefox 1.0のリリースは間近。
現在、カウントダウン中なので、もう少しの辛抱だ。



ダウンロードはこちらで
Index of /pub/mozilla.org/firefox/releases/1.0rc1
posted by PEN at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2004年10月26日

ローマ字入力よりもいい方法は…

PCを買い換えようと、いろいろ思案の真っ只中。結構この時期が楽しいのです、はい!
いっそのこと、この際キーボードを親指シフトにしてしまおうか、などとも考えています。
そんなことでネット上を検索しながら「親指シフト」めぐりが始まりました。
…が、なかなか思惑通りにはいかないもの。親指シフトのキーボードが付いたパソコンとなると、これはもうマニアの世界か?…とさえ思ってしまうくらいマイナーになってしまっている。
まさにグレシャムの法則、「悪貨は良貨を駆逐する」が現在のキーボード環境のようだ。

今使っているJIS配列キーボードをよくよく見ると、ローマ字と並んでキートップにかなが刻印されている。「当たり前ではないか」、そうなんです、当たり前なんです。
もうかれこれキーボードを使うようになって15年以上。しかし、今までこの仮名キーを一度たりとも使ったことがないのです。

私のキーボードの筆おろしは富士通のオアシスライトというワープロ専用機。
そしてそのキー配列は親指シフトと名づけられた、JIS配列とはまったく異なるもの。
今思えば、この親指シフトキー配列は「素晴らしい」の一語に尽きるのだが、当時はそんなことを考えることもなく、ただ打っては印刷を繰り返すだけ。
このワープロ専用機、なんと通信もできたのです。いわゆるパソコン通信。
当時ニフティの会員だったので、よくニフティに接続しては遊んでいました。

しかし、親指シフトとの付き合いもそこまで。やがて必要に迫られ…、次第にローマ字へ…。

今から10年以上も前の話。
コンピューターと言えばNECのPC98**。ワープロは一太郎、表計算はロータス1-2-3というのが当時のトレンドと言うかお決まりと言うか、大体そんなものでした。
そして私もノートパソコンを買いました。東芝ダイナブック。
今もダイナブックを使っているが、最初に買ったパソコンもダイナブック…。
ハードディスクもついていないし、ウィンドウズももちろん入っていない。OSはMS-DOS。

そして、そのとき一心に練習したのがローマ字入力。
もちろん富士通の親指シフトも買おうと思えば買えたのでしょうが、会社のコンピューターを使いたいとの理由であっさり親指シフトとは「さよなら」となりました。

では、どうしてその時かな入力にはしなかったの?…との質問が聞こえてきそうだが、答えはとくにありません。
ただ、ものの本に、かな入力よりもローマ字入力の方が良い、ということがさんざん書かれていたので、何のためらいもなくローマ字入力に移行したというわけです。
まあ、ローマ字26文字を覚えれば済むことだし、英文を書くにも一石二鳥と考えたのでしょう。それ以上の理由はありません。

でも、一方の「かな入力」、案外馬鹿にできないようです。
私の甥っ子がローマ字入力ではなく、このかな入力なのです。
そして驚くことなかれ、ブラインドタッチを自認しているこの私よりも入力スピードが速い!
そうなんです、慣れると結構「いいかも」なのです。
甥っ子に「ローマ字入力はやらないの?」と聞くと、あっさり「やらない!」
ローマ字入力など必要がないということらしい。

しかし、初めからかな入力をやっているのならまだしも、いちどローマ字入力に慣れてしまっては、とてもではないけれども、かな入力でという気持ちは起こってこない。
何故か?…それは、「ブラインドタッチがうまくできない」の一点。
ちょっとやってみればわかるが、ブラインドタッチの際、キー配列が3段でもミスタッチが出るのに、4段ともなるともうお手上げ状態。ミスタッチどころではない、指が動かない。

ではローマ字入力は…?
ローマ字入力の大きな欠点。それは、日本語をいちいちローマ字に分解しなければならないという作業が常に付きまとっている点。
無意識のようにやっているようで、実はこれが無意識ではなく、常に脳に相当の負担がかかっている。そして私の場合、ミスタッチが実に多い。まさにストレス全開状態。
そして入力スピードも落ちる一方となってきている。
タイピング練習ソフトに4年前の記録が残っていたので今と比較すると一目瞭然。
仕事で、時に一日中キーを打っていた頃と比較するのも無理がないわけではないが、とにかくミスタッチも増えていれば、スピードも遥かに遅くなっている。

そこで結論。「親指シフトに再挑戦だ!」
…と勇んではみたのですが…。

さて、話は始めに戻って、親指シフトキーボード。
あることはあるのですが、機種が極めて少ない。しかも価格が…。
そして、さらにJapanistとかのソフトが必要だとか。
これでは、敷居が高い、どころではなく、壁が立ちはだかっている、というのが正直な感想。
「じゃ、あきらめる?」
「そうだね、あきらめようか…」

しかし最後の手段がないでもない。
ただ、これは次善の策。
Japanist2003をインストールしてJIS配列を親指シフト配列に変換する方法。
安上がりだし、これはいいかもしれない。
そしてこのソフト、なかなか評判がいいらしい。一度使ってみる価値は十分ありそうだ。

だけど、ちょっと待てよ。Japanist2003とは少々古いね。2002、2003とあってどうして2004はないの?
もうじき2005年。となると、近いうちにJapanist2005がリリースされるのでは?

またまた、再結論。「もう少し待つか…」
それともVECTORで2002の体験版をインストールしてみるか。

さてさて、いつになったら「サムシフター」になれるのか…。


(追記)
調べていたら、富士通専門店「アクセス」というショップに手ごろな価格の親指シフトセットのパソコンがありました。
しかし、機種が限られていて、スペックも「ちょっと…」という感じはどうしようもないようです。
posted by PEN at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親指シフト | |

2004年10月15日

打ちやすいキーボードは…

ノートパソコンのキーボードの調子が悪いので、デスクトップ用のキーボードを接続してこのブログの文章を打っている。
しかし、ノートのキーボードに慣れてしまうとこのストロークの大きいキーボードはなんとも使いにくい。
赤外線式のワイヤレスになっていて、パソコンショップで数あるキーボードを打ち比べながら選んだのだが、2??3年前に買ったままほとんど使わずにいた。

キーボードを専門に扱っているショップのホームページ上ではなかなか評判のいい製品らしい。
しかし、ノートのキーボードに慣れすぎてしまったのか打ち続けているとストレスがたまってくる。

ノート(ダイナブック)のキーボードも慣れてしまうと、はじめのころ違和感のあったストロークの浅い、しかも軽いキータッチが結構打ちやすく感じられるから不思議だ。
そして、ノートの方は変換キー(スペース)がやや広く60??になっているのに対して、このデスクトップ用のものは40??と狭い。この辺にも打ちやすい、打ちにくいの差があるのかもしれない。

他にも安物のキーボードを2つほど持っている。しかし残念ながら2つとも使い心地はまったく駄目。
パソコンを買うと付属で付いてくるのが大体この手のキーボード。こういうものだと思って使っているうちはいいのだが、もっと感触のいいものをと考え出すと満足できなくなってくる。

何故こんなにこだわるのか自分でも不思議だが、以前使っていたキーボードの感触が良かったからなのかもしれない。
今も私の机の隣に鎮座している、NECの98シリーズのキーボード。
何の変哲もないキーボードではあるがなぜか打ちやすい。幅の広い変換キーといい、軽めだがしっかりした打感といい、今のパソコン付属のキーボードにはないものを持っている。

上を見ればきりがないが、たとえば東ブレのキーボード。
パソコン付属のキーボードの値段は大体1000??2000円程度。一方、東ブレのキーボードはというと16000円くらい。あまりの開きに唖然とするが、それだけの値打ちはあるというのが使っている人たちの感想らしい。

まあ、いい物を探し出すときりがないというか、そこまでのヘビーユーザーではないので私には必要ないのだろうが、そこそこ打ちやすいというのは絶対条件。
posted by PEN at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2004年10月12日

不調続き、愛用のノートPC

長年使ってきたノートPC。最近調子が良くない。
キーボードの寿命なのか、「_」が打てない。
その他、たまにではあるが「A」や「P」も打てなくなることがある。

設定を間違えているのかもしれないと思い、設定を変えてはみたが変化なし。
デスクトップ用のキーボードを接続すれば問題なく正常に打つことができるので、ノートのキーボードに問題があるのは間違いないようだ。
デスクトップならば別のキーボードに換えればすむことでも、ノートPCではそれができない。

起動時間が長いとか、ハードディスクの容量不足やら他にもいろいろと問題は多いが PC がまったく使えないというわけではない。
しかし、数文字とはいえ、文字が打てないとなるとこれはちょっと厳しい。

いよいよ買い替えのときがきてしまったような予感が…。
posted by PEN at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2004年10月08日

エキサイトブログは XHTML1.0 仕様?

ちょっとエキサイトブログにはきつい話。

以前から不思議に感じていたのがこのエキサイトブログのXHTML1.0のHTML宣言。
HTML宣言と言うのは HTMLファイルの先頭に書かれているバージョンのこと。
ここのエキサイトブログは HTML のバージョンを XHTML1.0 Transitional ということで宣言している。
それでは本当に XHTML1.0 仕様で作成されているかということになると、これは非常に怪しい。

何故か? それは W3C で XHTML1.0 のチェックをすれば一目瞭然。結果は惨憺たるもの。
(右の W3C のバナーをクリックすると HTML をチェックする W3C のサイトに飛びます。そこで自分のサイトのアドレスを記入しチェックボタンを押すとそのサイトのエラーがすぐに表示されます)

たとえば私のブログを W3C でチェックしてみるとトップページのエラーがなんと 1099 箇所。
私の他のホムペやブログは20??30のエラー数だからエキサイトブログのエラーがいかに多いことか。

それでもエキサイトブログで 1099 箇所のエラーはまだ良いほうで、大抵は 1500 箇所以上。さらにスキン編集されているサイトなどでは 2000 箇所以上というのも珍しくない。

では他のブログはどうかと言うと、大体下記のとおり。

まずココログ。
ここは XHTML1.0 と HTML4.01 のブログがあるようです。しかし結果は良いものでした。エラー数が100箇所を超えることはまずありません。
10??20箇所といったところです。たったの1箇所というブログもありました。

JUGEM も XHTML1.0 なのだが非常に優秀。エラーが1箇所というのもあり脱帽!

話題のライブドアブログ。ここもエラーは非常に少ない。10前後。
ただ残念なことに XHTML ではありません。宣言の記述もありません。

はてなダイアリーも XHTML ではありません。HTML4.01 のままです。したがってエラーも少ない。

gooブログも XHTML ではなく HTML4.01 です。その割にはエラーがやや多い。100前後。

楽天ブログはあまり良くない。HTML 4.01 ですがエラーは500前後といったところ。

Seesaa ブログはエキサイトと同じ XHTML1.0。しかしここは良くできています。いろいろなテンプレートがあり、しかもすべてが CSS のみでの記述。
エラー数も少なく、100以下といったところ。

サンプル数を多くとったわけではないので多少の間違いはあるかもしれないが、他のブログに比べてエキサイトブログの XMTML は仕様から大きくかけ離れているのは確か。

とは言っても、ブログを立ち上げている人のほとんどは投稿がメインで、CSS や HTML などというものにはまったく関心がないのだろう。
だが自分で HTML や CSS を編集したりすると結構気になってくるもの。自分である程度は直すことはできるが、編集可能範囲以外のエラーが膨大すぎて、精一杯直しても800箇所くらいはエラーが出てしまうのではないかという気がする。

ついつい他のブログに目が行ってしまうのだが、せっかく積み重ねてきたブログも残しておきたい。
今後のエキサイトブログの改善を願いつつ、といったところが今の感想だ。
posted by PEN at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2004年10月05日

Firefox の重要なセキュリティアップデート

Firefox の重要なセキュリティアップデートが公開されているというので早速 mozilla-japan に行ってみる事に。
しかしちょっと不満が…。

アップデートの記事をクリックすると説明ページで
現在 Firefox Preview Release をお使いの方は、画面右上にアップデートアイコンが表示されたら、それをクリックしてパッチをインストールしてください。または、ここから直接パッチをインストール してください。なお、インストールにあたって、信頼できる Web サーバのリストに ftp.mozilla-japan.org を追加する必要があります。パッチを適用するには、インストール後に一度 Firefox を再起動する必要があります。

ところがアップデートアイコンなどどこを探してもない。
仕方なく「または、ここから直接パッチをインストール してください」のリンクをクリック。
しかし反応がまったくない。
ダウンロードマネージャーにはあるのだが先に進めない。
私の理解力が不足しているのか、しばしお手上げ状態。
そこで、日本語版をすべてを再インストールという手段に出たが、残念ながらインストールされたのはアップデート版ではなく旧版。

半分あきらめながらも今日またトライしてみたが結果は同じ。
Firefox のいい点は多いのにこのあたりの処理にいつもつまずいてしまう。

またまた不本意ながら、英語版をインストール。
現在、アップデート版は順調に動いてはいます。
posted by PEN at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。