Seesaa blog   Sign In

フォレストPEN

PC、WEB、NICOLA(親指シフト入力)、CSS、IDDM・・・・・・についてのメモ

2005年09月30日

ゼンマイ駆動可能の100ドルノート

2005/09/29
フォトレポート:ベールを脱いだ「100ドルPC」

 マサチューセッツ工科大学(MIT)Media Labの共同創設者Nicholas Negroponteが、待望の「100ドルノートPC」について詳細な仕様を明らかにした。同端末は、開発途上国の学校が、子ども1人につき1台のノートPCをそろえられるようになることを目指して開発されている。発展途上国向け低価格コンピュータの夢が、また一歩実現に近づいた。


これが1万円ちょっとで買えるとは。開発途上国の学校向けに開発されたそうだが、これだったら一台欲しいくらいだ。
デザインも悪くないし、なによりゼンマイ駆動可能なのがいい。右のハンドルを回せば発電できるらしい。地震災害時など電力がないところではコンピューターを持っていてもなんの役にもたたない。電源をどうするかといつも思っていたが、ゼンマイ駆動とはね。消費電力が小さいからこんな芸当ができるのだろう。
OSがLinux、これもいい。Windowsではとても無理な金額だ。

「200ドルで販売し、20もしくは30ドル程度の利益が出れば、それを子供向けのラップトップ製造に回せる。この件については現在も検討中だ」とも書いてあるから、一般向けには200ドルで出す?
200ドルでも悪くない。(写真は CNET Japan から無断掲載しました)

CNET Japan フォトレポート
http://japan.cnet.com/news/tech/story/

CNET Japanの別記事
http://japan.cnet.com/news/tech/story/

posted by PEN at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2005年09月29日

スパム対策強化

Seesaa ブログ、スパム対策強化のお知らせ
Seesaa ブログをご利用いただき、ありがとうございます。

本日、Seesaa ブログにおいてスパム対策強化を行いましたのでお知らせいたします。

強化を行ったスパム対策は以下の内容となっております。
1.コメント/トラックバックスパム対策の強化
2.スパムブログ対策

コメントスパムとトラックバックスパムの対策の強化がされたようだ。
わたしのブログにはコメントスパムはほとんどなかったが、トラックバックスパムには何回もやられた。削除して禁止URLに登録すればいいのだがこれは少し面倒くさい作業だ。

今回の対策はちょっと読んだだけではよく分からない。
わたしの場合はHTMLも編集してあるし、コンテンツも編集してある。これを初期状態に戻せと言うが、戻してしまったらどうなるのかがよく分からない。HTMLを初期状態に戻してからトラックバックやコメントの設定をして、また編集し直せばいいのかな。

結局、トラックバックやコメントを受信後に表示するかどうかを承認することが新しく加わったということのようだ。
しかし、この作業は手間がかかるのではないのかと思ってしまう。でも仕方ないか。
コメントやトラックバックを受け付けなくすることもできる? そんなことは以前からできたのでは・・・。
posted by PEN at 00:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2005年09月28日

やっぱり眩しい

昨日、白地に黒文字のWEBページは眩しいと書いたら、まわりから「そうでもないよ」と意外な反応があった。
そうなのかなぁ、眩しくないんだ。
自分の場合も眩しかったり、そうでもなかったりはする。でも、おおかた眩しく感じる。

以前仕事で設計図面を外で見るとき、他人よりも紫外線に弱いのかなと感じることはあった。図面を見ながらの打ち合わせがどうも苦手だった。
また、眼科での眼底検査。小さなポケットライトで目の中を照らされるのも苦手。
医師に、子供でも我慢できるのになんであなたのような大人が、とあきられたこともある。
なんでみんな我慢できるんだろうと不思議に思ったものだ。

晴天下、サングラスをかけずにゴルフを一日やったら、翌日に目があけられなくなったこともある。眼科に駆け込んだら虹彩炎との診断。紫外線に弱いことは間違いない。

しかし、眩しいと感じている人はもっといるのではないかと正直思っているのだが、ほんとうにみんな眩しくないのだろうか。
不思議だ。
posted by PEN at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(1) | CSS | |

2005年09月27日

WEBページの背景色

近ごろ、WEBページを訪問して不思議に思うことがある。
それは、画面がまぶしいということ。
ほとんどのサイトの背景色が白系になっている。極端なはなし、背景が#ffffff(白)、文字が#000000(黒)といったWEBサイトが多い。商用サイトはほとんどがそうなっている。
個人のブログでさえ白背景に黒文字が多い。

白と黒はコントラストがいちばん大きいのではっきり見えるという利点がある。だが、この配色はいっぽうで眩しく感じるものだ。
本の場合は部屋の明るさでいくらでも調整が利くので、白地に黒文字で一向にかまわない。しかし、モニターの場合はちょっと違う。蛍光灯に書かれた文字を読んでいるようなものだ。液晶モニターの輝度を60%に落としてもまだ眩しい。

そういうわたしのブログも最近は白系背景色になってきている。
5年前自分でホームページを作ったころは黒系背景に白文字だった。
それが次第に背景が明るくなって文字も黒くなっていった。
今回このSeesaaブログて白背景のスタイルシートにしてみたが、やっぱり眩しい。

このブログではいくつかスタイルシートを作ってある。黒背景のものも作ってみたがほとんど使っていない。主に使っているのが画像の2種類。左は全くの白背景。自分では眩しいと感じている。

スタイルシートを紹介しているCss Zen Gardenのサンブルには白背景というのはあまりない。
色あざやかなものもあるが、だいたいは目に優しい。

Css Zen Garden
http://www.csszengarden.com/tr/japanese/
posted by PEN at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSS | |

2005年09月26日

インスリン注射不要に?

インスリン注射不要に?
 膵臓細胞量産、岡山大など開発 (asahi.com 2005年9月26日)

β細胞を大量に作る方法の概要

 糖尿病の新治療法を目指して、インスリンを分泌するヒトの膵臓(すいぞう)の細胞を大量に作る技術開発に岡山大などのグループが成功した。マウスを使った実験で効果も確かめ、この細胞を利用した患者の体内に植え込む人工膵臓の開発も進めている。25日付の米科学誌ネイチャー・バイオテクノロジー電子版で発表する。

以前話題になった膵島移植手術はその後どうなったのだろうか。
読売新聞で「これで糖尿病が完治」と報道されて以来、患者まではその後があまり聞こえてこない。

今回は膵臓移植。
実現すれば、報道されているようにインスリン注射は不要になる。
だが、一歩間違えればガンに発展するとか問題も残っているようだ。
しかし、インスリン注射が必要なくなると聞いただけでもわくわくするのはなんなのだろう。
われわれの年代の患者にはおぼろげにしか見えてこないが、若い世代には明るい光かもしれない。

asahi.com
http://www.asahi.com/health/news/


posted by PEN at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | IDDM | |

2005年09月25日

Plamo Linux

いざリナックスと勇んではみた。が、すんなりとはいかないようだ。
Linuxの世界をのぞこうにも敷居がわたしの目の高さより上にある。
中がどうなっているのかまるでよく見えない。
敷居が低くなるのを待つか、それとも自分で梯子を造って中が見通せるところまで登ってみるか。
梯子があれば中に入っていくことさえできるだろう。だが、その梯子がどのくらいの長さを必要とするのかも分からない。

考えてみれば、Windowsだってはじめからコンピュータに入っているから簡単に使えるので、OSは自分でインストールとなるとこれはちょっと大変なことになる。
同じことで、いちばん楽なのはLinuxがインストールされたパソコンの購入だろうか。
最近そのようなコンピューターも出ているがきわめて少ない。だが、2〜3年もすれば環境ががらりと変わるかもしれない。

今回は「親指シフトをリナックスでも使いたい」が大前提。これがちょっと面倒なことになりそうな気配を漂わせている。
みなさん、それぞれ試しているようですがやはり苦労しているようだ。
アサヒパソコンが勧めているFedora Core 4を使うつもりでいたがちょっと無理なのか?
とりあえず、親指シフトが使えるディストリビューション、Plamoを使ってみようかと思う。
そこで、リナックスの勉強もかねて、Plamo Linux Expert(技術評論社)を買ってみた。
「ん、これなら親指シフトが使えそうだ」

というわけで、「いよいよリナックス」を始めることに。
posted by PEN at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2005年09月21日

Feel Free


Opera プレスリリース
Feel Free: Operaの広告バナーとライセンス料金が不要に (オスロ、ノルウェー - 2005年 9月20日 - )

Opera Softwareは本日、日本でも多くのユーザーに支持されているウェブブラウザOperaの無料版に表示されていたバナー広告を完全に除去し、この広告を消したい場合にこれまで必要であったライセンス料を不要とすることを発表致しました。この全ての機能を備えた無料版のOperaのダウンロードは、以下のリンクから可能です。
http://jp.opera.com

ついに無料版オペラから広告が消えた。
FirefoxやNetscapeなどは無料でも広告など表示されないのに、なぜオペラだけ?
そのオペラからあっけなく広告が消えた。
それほど大きな広告でもなかったが、ない方がいい。
何日か前、10周年記念パーティをやり、そのとき広告なしのオペラを配布しているとメールマガジンに載っていた。あわててサイトに行ってみると残念ながら既に終了。
あきらめていたらなんのことはない、誰でも広告なしが使えるようになった。

近いうちにインターネット・エクスプローラーの逆襲があるだろうから自然の成り行きなのかも。
それにしてもテンプレートの数の多さはなんなんだ。どれにしたらいいのか・・・。しかも同じテンプレートでも配色が替えられるようになっている。
とりあえず感謝の気持ちを込めて、リンクのバナーを右のサイドメニューに貼ってみた。
posted by PEN at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | WEB, PC | |

2005年09月20日

いい季節がやって来た

暑さ寒さも彼岸までのとおり、やっと涼しくなってきた。
暑い日はデスクトップを使わないでなるべくノートパソコンを使うようにしてきた。これからは高速のデスクトップを心おきなく使える。

デスクトップパソコンは自室の机上に鎮座している。エアコンがないので、猛暑のなか、まるでストープを近くに置いているかのようにじわじわと部屋の温度が上がる。温度上昇につれてCPUの冷却が間に合わず、コンピューターが暴走するのではないかとさえ思えた。
いや本当に信じられないくらい熱くなったこともある。上に濡らしたタオルを載せて冷やしたこともある。
が、涼しくなってそんな心配も必要なくなった。

きっと夏が大好きな人も多いのだろう。
だが、仕事が建設関係だったこともあり、私にとっては夏は好きな季節ではない。朝礼ではいつも熱中症に注意するよう言っていた気がする。
工事現場には夏は要らないとさえ思えたくらいだ。

今でもどうも夏は苦手だ。
posted by PEN at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2005年09月18日

自己注射に失敗

昨日の夜、寝る前に打ったインスリン注射が失敗。気が付いたときはもう遅い。注射器のまわりからインスリンがしたたり落ちている。

今までも少量のインスリンが漏れたことはあったが昨日のようにしたたり落ちるようなことはなかった。注射針をきちんとセットしなかったのだろうか ?
念のため、針なしでもう一度空打ちをやってもとくに異常はない。ほんの少しのインスリンも漏れていない。
もう一度打ち直そうかとも考えたが、何単位打ったらいいか判断できない。低血糖になっては元も子もない。そのまま打ち直しせずに様子を見ることにした。

そして今日の朝、血糖値は263。心配したほど高くはない。300は軽く超えるだろうと思っていたのでちょっと拍子抜け。
ところが昼の血糖値は306にグンと上昇。朝の食事量を少し減らしたにもかかわらず上がってしまった。
これで夕食時も高いのではと覚悟ができた。
だが、意外なことに、測ってみると113とまれにみる好結果。
しかし、昼もいつもより食事量を減らしたので、普通だったら低血糖になっていたかもしれない。

このようになんとも面倒なインスリン注射だが、止めるわけにはいかないので上手に付き合うしかない。
慣れてしまえばそんなに気に病むことでもない。

我が家の猫「はな」が注射をするのをいつもそばでじっと見ている。いったいなにを考えているのだろうか。
天井に向けて空打ちしたインスリンがうまく「はな」のところに落下。水が大嫌いな「はな」は「キャッ」といって逃げていった。
大成功 !
posted by PEN at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | IDDM | |

2005年09月17日

マウスジェスチャーに感激

Firefox1.5 β版をインストールしたはいいがマウスジェスチャーが使えないでいた。
元のパージョンに戻すと、なぜかプラウザの表示がおかしくなる。あきらめてβ版をそのまま使ってきた。
そして今日、やっとFirefox1.5 β版で使用可能になった。
短い期間ではあったが、マウスジェスチャーがないとなんと不便なことだったろうか。

慣れとは恐ろしいもので、普段あたりまえに使っていたものが急に使えなくなるともうだめだ。
ついついマウスを動かすと、あれっ、どうしたんだ。そうか、マウスジェスチャーガ使えないんだ。

マウスを左に動かせば戻る。右に動かせば進む。下→左で最小化。下→右でタブを閉じる。
テキスト上で右下にマウスを動かせば文字が大きくなるし、画像上で同じように動かせば画像だけ拡大表示される。
そして、2回左右に振るとプラウザが終了といった具合になっている。
たったこれだけのことでも無意識にやっているので、マウスジェスチャーが使えないのはかなりつらいものがある。
でも、やっと使えるようになった。おおっ、感激 !

近いうちにFirefox1.5の正式版が出るそうだ。
posted by PEN at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2005年09月16日

いよいよ Linuxに

昨日発売のアサヒパソコンの特集、「Linuxパソコンの実用度」を読んでいて、「よしっ、今度はやるか」の気分に・・・。

アサヒパソコンの特集にどうも最近影響されやすくなった。特集記事を読んで、ブログの総引っ越しをやったばかりだ。長年の愛読雑誌だから、やっぱり信頼感が違うのかな。

本当のことを言えば、去年の暮れにWindowsXP搭載のデスクトップに替えたとき、古いノートパソコンのOSをリナックスに入れ換えようとCD付きの本を一応買ってはみた。
ちょうどそのとき、入力方式をローマ字から親指シフトに代えたばかりで、Japanist2003という日本語変換ソフトを導入してしまった。
ノートパソコンの方はローマ字入力のままでいこうとはじめは考えていたのだが、なにしろ親指シフトの方がはるかに快適。そんなわけでノートパソコンにもJapanist2003がインストールされている。

さて困った。リナックスに移行すると親指シフトが使えない?
まあ、使えないことはないのだが、間違いなくJapanist2003は使えなくなる。
そのあたりは諦めて、この際やるか。

さいわい無線ランカードはリナックス対応になっているので費用もほとんどかからない。
うれしいことにリナックスは無料だ。有料のターボリナックスにしても1980円と破格の値段。
なるべくコンピューター関係に費用をかけない、が最近の最大方針。
「フリーソフトはどんどん使おう」だ。

MicrosoftOfficeのエクセルデータもオープンオフィスに移行済み。インターネット・エクスプローラーも使っていない。
となると、ぜ〜んぜん問題なし。
ただちょっと気になるのは、アサヒパソコンでも書いているとおり「時期尚早」かなということ。あと2〜3年経てばもっとリナックス環境が整うだろうとの予測だ。
でも待てない。やるしかない、だな。
posted by PEN at 20:55 | Comment(3) | TrackBack(1) | WEB, PC | |

2005年09月13日

「夢か・・・」

寒くて白夜のイメージがまず頭に浮かぶ国。そして国連開発計画の「世界で最も住みやすい国」番付で5年連続トップの国、ノルウェー。
イメージと実際はずいぶんと違うようだ。

そのノルウェーで日本と一日違いの12日に総選挙が行われたという。
選挙の結果、労働党を軸とする中道左派連合の獲得議席が過半数を超えたことで政権交代になるそうだ。

世界有数の石油輸出国なので裕福なのは想像できる。
中道左派連合はその石油輸出で得た利益を教育や医療サービスに充てると訴えて支持されたらしい。
日本とはずいぶん違った選挙だったのだろう。
しかし、なんとも羨ましいはなしだ。

日本では、改革、改革と掛け声だけは聞こえてくるが、この何年間の生活環境は悪くなるばかりで、私たちのところまで残念ながら光は届いてこない。
改革には痛みが伴うと言っているくらいだからこれは当然のことなのか?
しかし、為政者が自ら痛みを受けているとは到底思えない。なにしろ私たちとは別格の年金制度で老後は安泰だ。
今日も自民党の歴史的な勝利とかで騒々しい。
いよいよ独裁政治が始まるのか?
しかし、さらに生活は苦しくなる気配すら感じる。
投票所に行かなかった自分が悪いのは承知しているのだが・・・。

今ではただの紙切れ同然になってしまったが、壁に建築の国家試験合格証が額に入れて掛けてある。
発行者は建設大臣・綿貫民輔。なにか虚しさがあふれてくる

そういえば、ノルウェーみたいな国に住んでバリバリ働いている、そんな「変な夢」を見たことがある。
posted by PEN at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記・日記 | |

2005年09月12日

Lunascape3(正式版)リリース


やっとLunascape3の正式版が発表されたのでさっそくインストール。

そしてその使い心地の第一印象はやはり高機能。
Sleipnirもそうだが用意されているテンプレートは少ない。探せばどこかにあるのかもしれないが、ちょっと見当たらない。
デフォルトでは相変わらずGekkoエンジン使用時にマウスのホイールクリックで設定通りの自動スクロールができない。ちょっと残念。
しかし、アドレスバーとタブバーにはファビコンが表示されるようになった。
ブックマーク(お気に入り)にも表示されると見やすいのだが残念ながら無理のようだ。
その他ツールパーのカスタマイズなど機能は豊富にありそうだ。


Lunascape3(正式版)
http://www.lunascape.jp/
posted by PEN at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2005年09月10日

Firefox1.5β1がリリース


Firefox 1.5β1(英語版)がリリースされた。

ITmediaの記事によると、CSS2とCSS3のサポート、SVG 1.1を用いた2DグラフィックAPIへの対応、XFormsとXMLイベントのサポート、DHTML、JavaScript、DOMに関する強化が施されているという。

また、製品の自動アップデート、ブラウザナビゲーションの高速化、ドラッグ&ドロップによるタブ配置変更などが改善されている、となっている。

同時に、極めて重大な脆弱性も報告されている。
DoS攻撃を誘発する深刻な脆弱性が発見されたという。最新の1.5 β1も影響を受けるそうだ。
ただ、Mozilla Foundationからパッチがすでに公開済み。


Firefox 1.5 β1ダウンロード
http://www.mozilla.org/projects/firefox/

ITmedia(Firefoxに極めて重大な脆弱性)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/
posted by PEN at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2005年09月07日

CSSとフラッシュと

テンプレートを変えてみようかとときどき思う。
サンプルを見て「あれにしようか、これにしようか」と迷ったあげく、決定。
しかし、残念。表示が大きく崩れる。
htmlをデフォルトに戻すとなんとか見られるようにはなる。
でも、デフォルトままては物足りない。
結局、元のスタイルシートに逆戻り。
CSSもhtmlもかなり書き換えてあるので仕方がない。

フラッシュを手直しした結果、ファイルサイズが軽くなり、表示が速くなった(気持ち)。
ここで止めておけばいいのに、やっぱり「音がないと・・・」
そこで、ボタンとアニメの要所に音をちょっとだけ入れてみた。
結局、以前とあまり変わりないものになったが、フラッシュのファイルサイズは約700kb。どうもサウンドのファイルサイズが意外と大きいようだ。
それでも前のフラッシュよりは300kb軽くなっている。

フラッシュで作った花火のファイルサイズが大きくなったのも納得できる。
2xhのサウンドを休みなくぶっ通しで鳴らしているのだから当然だろう。
しかし、音なしの花火なんて・・・、考えられない。
posted by PEN at 23:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | CSS | |

2005年09月06日

フラッシュの減量作戦

バナーでフラッシュを動かすのは楽しいけれども、動作が鈍く読み込みにも時間がかかるときがある。最近の高スペックマシーンではたいして気にもならないが、WindowsMeのペンティアム2搭載ノートでは動作がイライラするくらい遅い。無線ランが11a規格のままなのも遅さに拍車をかけているのだろう。ときにはフリーズすることさえある。

一時期、フラッシュのサイズがSeesaaブログで許可された一ファイル最大容量の5Mbの容量にふくれあがったことがある。この時などは最悪だった。
それをそのままトップページのhtmlに書き込んでいたのだから、初めてこのサイトに来られた訪問者は表示の遅さに辟易したのではないだろうか。

その後4Mbのフラッシュを別ファイルに、htmlもインラインフレームにして最初に読み込むファイルを1Mbにファイルサイズを落とした。
これでずい分と軽くなった。
しばらくそのまま使っていたが、・・・まだ重い。

現在のファイルサイズは約300Kb、使用する画像も減色してサイズを落としてある。とりあえず効果音もなし。
やればこのくらいまで減量できるんだな、といった感じだ。
でも、少しは音も入れたいよね。
次回はおそらく音が入っているだろう。
posted by PEN at 06:18 | Comment(1) | TrackBack(1) | WEB, PC | |

2005年09月04日

インスリン自己注射

9・11事件の数年前、カナダ旅行でトロント市内観光をした。途中、トロント大学で「インスリンが発明された場所」とのガイドが紹介があった。当時、私自身インスリン自己注射をやっていたので感慨深く聞いてはいたが、とくに感動はなかった。たしかに、インスリンの発明によって何年も生き長らえることができるようになったのだから感謝は当然。しかし、つらいことも多いのだ。

インスリン注入器、アベンティス ファーマのオプチクリックに不具合があって自主回収しているという。
ホームページに不具合のロット番号が載っていて、私の使っているオプチクリックのロットは問題なし。だが安心はしていない。

このアベンティス ファーマは最先端のインスリンを開発し、先行発売していて現在日本では競争相手はない。
どうしても使いたければこのメーカーのオプチクリックを選ぶしかない。
このメーカー、意欲的なのかどうかわからないが、今までのインスリン注入器とは少し使い勝手が違う。形も異なれば構造も異なる。従来の注入器が特許になっているらしいのでやむを得ないのかもしれないが、正直言って使い勝手はよくない。さらに自主回収を何回も繰り返しては患者としては使うのをためらってしまうのは当然のこと。
ただこのインスリンは一日中平均して作用するという、今までにない優れた性能を持っている。問題はあっても使用を止めるまでにはならないのが現実だ。

他のメーカーから同様の性能のインスリンが発売されるまで待つ ?
それもひとつの方法だが、病院側がそれを採用するかどうかはまったくわからない。患者の希望だといって聞き入れる病院があるかもしれないが、私の場合は病院が決めている。病院を信頼するしかない。

sanofi aventis
オプチクリックをご使用の患者様へ
http://www.aventis.co.jp/cdi/opticlik/050902p.pdf
posted by PEN at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | IDDM | |

2005年09月03日

インスリン注入機器に不具合

自主回収:インスリン注入機器に不具合−−「アベンティス ファーマ」
 東京都は2日、糖尿病患者がインスリンを自分で注入する際に使用するペン型機器に不具合があったとして、輸入販売している製薬会社「アベンティス ファーマ」(新宿区)から自主回収の報告があったと発表した。

 回収されるのは「オプチクリック」。7月19日以降に出荷した2万4088本が対象で、約2000の医療機関に納入している。投与量表示画面が「00」になる不具合。患者が投与していないと誤解し、インスリンを過剰投与する可能性があるという。同社の相談窓口は24時間対応で、電話0120・497010。

毎日新聞 2005年9月3日 東京朝刊


毎日新聞(2005年9月3日付)から無断転載しました。
posted by PEN at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | IDDM | |

2005年09月03日

キーボードを替えてみた

いつも使っているキーボードを別のものに替えてみた。(写真上を下に変更)
上はBUFFALO BKBP-J109LG
下はBUFFALO BKBU-J109LG

気分転換でときどき替えてはいるが、夏の暑い時期にずっと使っていたら、いくつかのキーの動きがこころなしか鈍くなってきたようなきがして・・・。

共に同じメーカーのエントリーモデル。スペースキーまわりのキー配列が少し異なるのと、微妙に打った感じも違う。
写真下はキートップがやや平らになっていて、キーを押したとき何の引っ掛かりもなくストンと底にあたる。全体にスカッとした印象。
これは、右親指キーと左親指キーが隣り合っていて、大きさもほとんど同じになっている。まさに親指シフト御用達。

写真上のキーボードは右親指キーと左親指キーの間にスペースキーがある。このスペースキーはそれほど大きくないので、親指シフトで打っていても邪魔に感じることはない。
このスペースキーを確定キーに割り当ててあるので、こちらの方が変換作業はやりやすい。
キートップの湾曲が大きいので速く指を動かすには向いていないが確実な打鍵にはいい。全体にしっとりとした材質と打鍵感。

比較してみても、打ちやすさや、打鍵スピードはどちらが優れているかということでもない。私の場合はどちらでも同じ感じだ。
ただ、あくまで「私の場合は」だ。

しばらく写真下のキーボードを使ってみて,いずれ写真上に戻してしまうかも。

BUFFALO BKBP-J109LG
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/
BUFFALO BKBU-J109LG
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/
posted by PEN at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | WEB, PC | |

2005年09月01日

通院

自分の都合で一週間通院を延ばしたら、超速効インスリン、ヒューマペンのカートリッジが空っぽになってしまった。仕方なく2日前から古いヒューマログを打っている。

ヒューマペンに比べてヒューマログのなんと使いにくいことか。これが同じメーカーのものだと思うと不思議な気分になってくる。
毎日否応なしで使うものだけに、ちょっとした使いやすさでもじつにうれしい。
ランタス?
ん、これもちょっとね・・・。

今日は内科外来。先週の予約を一週間延ばしてもらって今日になった。
とくに変わったこともなく・・・。
ランタスのインスリン量を13から15に2単位増やし、朝の超速効インスリンを10から8に2単位減らして様子をみようということになった。
結果がでないとなんとも言えないけど。

前回の結果 ヘモグロビンA1c(HbA1c)は7.6。あまりよくない。できれば7.0あたりをうろうろしていたいなぁ。
今日の総支払い金額は2割負担で13000円。いつもよりちょっとだけ多い。
posted by PEN at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | IDDM | |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。