Seesaa blog   Sign In

フォレストPEN

PC、WEB、NICOLA(親指シフト入力)、CSS、IDDM・・・・・・についてのメモ

2005年12月27日

悩みのキーボード

もう何年もコンピューターを使い続けてきたわりにはキーボードの基本的な使い方がわからないでいる。恥ずかしいはなしだが、ほんと。

今日のCNETJapanの記事「QWERTYに対する挑戦」になかなか面白いことが書いてある。
世界の人々は、産業時代の産物であるキーボードのキー配列に、余りにも長い間縛られすぎている。
------中略------
現代のタイプライターを発明したChristopher Sholesは当初、アルファベット順に並べたキーを実験したところ、紙を打つ際に文字を支えるバー同士が接触して動かなくなるケースが多発した。そこで、使用頻度の高い文字をマシンの正反対に置いて接触が減るよう、現在のように文字が並べ替えられた。

やはり今のQWERTYキー配列に不満を持っているひとはいるようだ。
そこで左の写真のようなキーボードを発表するということらしい。
アルファベット順にキーが並んでいて非常にシンプル。

ところで、去年の暮れに新しいデスクトップパソコンを買った。
そのとき付いてきたキーボードがいわゆる109キーボード。
このキーボード、私が初めて買ったWindows3.1のときの106キーボードとほとんど同じキー配列になっている。同じ配列というよりもほとんど使い途のないWindowsキーが増えただけでまったく同じといっていいかもしれない。
ずい分昔のことなのでよく覚えていないが、この106キーボードを使いこなした記憶はまったくない。
いったい誰が考えたのだろうか、この106キーボード。きっと誰かの陰謀に違いないとちょっぴり思っている。

これとは別に仕事で使っていたのは、そのころ全盛を極めていたNECの9800シリーズについてきたスペースキーの極端に長い、まるで英語キーボードのようなもの。
このキーボードにはスペースキーの両隣に何やらわけのわからないキーがついている。右にXFER、左にNFERなるキー。当時はこのキーを使ったことがなかった。
ずっと後で知ったのだか、これらのキーはそれぞれ変換、無変換キーだったとか。

今までに一番長く使っていたのがこのPC9800シリーズのキーボード。
これでローマ字入力のタッチタイピングをやっていたものだから今の109キーボードの使いにくさはまるで指にギブスをつけているような感じさえする。Ctrlキーが左下にあるのもなんかヘン。9800シリーズでは「A」キーの左にあった。

そして未だに使い方がわからないのが変換、無変換キー。要らないんじゃないの?
まだまだある。インサートキー、スクロールロックキー、ウィンドウズキー・・・。最上段のファンクションキーもほとんど使わない。
まれに使うのはヘルプのF1と全画面のF11、Alt+F4の終了くらいなものだ。
ま、私が使い途を知らないだけで、きっとなくてはならないキーなんだろうけれど。

というわけで私には非常に使いにくい109キーボード。いっそのこと、英語キーボードに替えてしまえ、と考えていた。
そんなとき、コンピューターを使い始める前にワープロ専用機で覚えた親指シフト思い出した。
ワープロのコンテストで常に上位を独占していた親指シフトだったが、最近ではさっぱり音沙汰なし。
もう死に絶えてる、と思いながら恐る恐るネットで調べてみると、・・・なんと生きていた。
しかも、フリーのエミュレーションソフトを使えばJISキーボードがそのまま使えるという。
やっとQWERTYキー配列のローマ字入力から解放されるとばかり、親指シフトに乗り換えた。

そして、あっという間に一年が過ぎた。はやいものだ。
キーボードはごくごく普通のJIS109キーボードを使っている。
今ではタッチタイピングもだいぶ板についてきた。
まぁ、刻印がJISかなになっているのでキーボードを眺めたってどうにもならない。強制的にタッチタイピングを強いられているようなものだ。
そして、親指シフトのおかげでまったく無用と思われていた変換、無変換キーも見事に生き返った。両キーとも親指シフトに割り当てるとちょうどいい。

しかし、というか、正直言ってこのJISキーボードを使っての親指シフトにも不満はある。
親指シフト自体は文句なしにいいんだけれどね。
やはりキーボードがネックになっているのかな。
親指シフト専用キーボードも、残念ながら使ってみようという気持ちがなかなかでてこない。
そうは言っても、親指シフトをやめようとはぜんぜん思わない。
posted by PEN at 23:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2005年12月25日

セキュリティソフトを変えてみた

何年もの間、インターネットセキュリティをファイアウォールがゾーンアラーム、アンチウィルスはAVGと決めていた。
ゾーンアラームは6〜7年、AVGは4〜5年になるだろうか。ともにフリーソフトなのでもちろん無料だったが、ウィルス感染や不正アクセスで深刻なダメージを受けたことはなかった。
ただ、双方とも英語版なので、操作説明とかがやや理解しにくいのが難点ではあったが。

最新号のアサヒパソコンやYOMIURI PCを見ていたらセキュリティ対策ソフトの特集が載っていて、中国製のキングソフト ・インターネットセキュリティが格安ソフトとして紹介されている。
料金は年間980円と非常に安い。ちょっと不安感も捨てきれないが、試してみる価値はあるかなとすぐにダウンロード。
なんと先着100万人までは無料だ。既に60万以上ダウンロードされていて、残るは30万ちょっと。

さっそくの使用感だが、「なかなかいい」が第一印象。
アップデートも簡単にできる。
ウィルススキャンにどれくらいの時間がかかるかまだわからないが、紹介文ではそんなに長時間かかることはないらしい。
日本語版なのであたりまえだが、操作方法とかの説明もわかりやすい。

ただ、ゾーンアラームに慣れてしまっているからか、ファイアウォール の設定がゾーンアラームと違っているのががちょっと気にはなる。
もう少し使い込んでいるうちに慣れてくるかどうか、それとも使い続けるのはちょっと無理になるか。
とにかく、ファイアウォールとアンチウィルス がひとつのソフトで済んでしまうのは非常にありがたい。
posted by PEN at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | WEB, PC | |

2005年12月19日

フラッシュで雪景色

今年も残り少なくなり、おまけにふところも寂しい。なんてことを言っていてもしょうがない。ま、クリスマス週に入ったことだし、バナーのフラッシュに雪を降らせてみた。
ついでに、クリスマスのフラッシュも新たに作成した。じゅげむブログからの転用だけれども、サイズが違うので微妙に変えてある。

使っているフラッシュソフトはフラッシュメーカー2というもの。マクロメディアのフラッシュソフトは高価で難しい。それに比べるとこのフラッシュメーカー2は安いし操作が簡単ときている。もっと高機能を望む人には物足りないだろうが、私などにはこれで十分だ。

フラッシュの画像は透明度を調節できるので背後の画像を透けて見せることができる。
バナーのフラッシュは緑の木々が次第に雪景色に変わってゆくように見えるが、これはカラーの画像に白黒の画像をフェードインでかぶせただけの簡単なもの。透明度を調節することでほんのり雪景色や完全な雪景色など思いのままだ。

ところで、最新のフラッシュメーカー3が最近出た。面白い機能がまた増えたようだ。前々回に書いたホームページビルダー10とセットでバージョンアップ版が10,000円以下だという。これは買い得かもね。この価格で私はフラッシュメーカー2しか買えなかった。フラッシュメーカー2を持っていなかったら間違いなく買ってるだろうね。
ただフラッシュメーカー2を既に持っているので次バージョンまでお預けだな。

この記事をアップするのに時間がかかりすぎる。どうしてなんだろう。
じゅげむブログはあっという間に終わってしまうのに、こちらは待っている時間が長すぎる。
もっとすいすいと更新できれば投稿をもっと頻繁にするのだが。ちょっと残念。
posted by PEN at 20:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2005年12月14日

ローコストはいいけれど

最近では姉歯建築士個人よりも建築界全体に問題があるのではとさえ言われるようになってきた構造計算偽装事件。
そう捉えられても仕方がないな。ここまで規模が大きく広がってくると。

続きを読む
posted by PEN at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記・日記 | |

2005年12月08日

ホームページビルダー10

ホームページビルダーがバージョン10になって12月2日発売された。今回は気になる機能を搭載したらしいのでさっそく体験版をダウンロード。
気になるというのはブログの編集ができる機能。どんなものだか試してみるしかない。

ホームページビルダーはバージョン6.0、6.5、8.0を使ってきた。9.0は使っていないので、どのくらい変わっているのかやや興味がある。
本体はほとんど変わっていないだろうからとりあえずブログ編集を試すことに。
ところが、おっと残念。
このシーサもじゅげむもエキサイトもみんな対応していないではないか。いやぁ、残念。
すぐに対応するようになるのだろうか?
ひとまずブログ編集はあきらめて、他にどんな風に変わったのかひと通り試してみることにする。

ただ、私のホームページはテーブルタグをまったく使わずにCSSだけでつくっている。これをホームページビルダーで読み込むと配置が崩れてしまうという残念な結果になる。私のCSSが悪いのか、それともホームページビルダーに問題があるのかよくわからないが、今ではホームページビルダーは使わない。そのかわりメモ帳などのエディターで編集し更新している。
慣れてくるとわざわざホームページソフトを使わなくてもメモ帳でも更新作業は意外と簡単にできるものだ。

ひと通りページをつくってみた感想は・・・。
基本的なところはバージョン10もバージョン8も変わらない。
わざわざバージョンアップする必要もなさそうだ。
毎年バージョンアップを繰り返しているけれど、わずかな機能アップで4000円以上。ちょっと高いのでは。
posted by PEN at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。