Seesaa blog   Sign In

フォレストPEN

PC、WEB、NICOLA(親指シフト入力)、CSS、IDDM・・・・・・についてのメモ

2006年03月31日

キーボード、続き

いま使っているデスクトップPCはPS2にキーボードを接続しておかないとブルースクリーンが出たときなどに対処できない。BIOSを覗いてみたがUSBではどうも駄目のよう。そこで、サンワサプライのパンタグラフキーボード(SKB-SL06W)を常にPS2変換コネクタを介してPCに接続してある。

で、USBにはどれでもお好きなキーボードをど〜ぞ、ということになる。2個でも3個でも一向にかまわない。
そのUSBには、今は、バッファローのキーボード(BKBU-J109SV)に以前使っていたBKBU-J109LGのキートップを付け替えた特製キーボードを接続してある(前記事参照)。

そのオリジナルキーボードで気分よくキーを打っていたのだが、やはりちょっと打鍵が気になってきた。なんか以前のもの(BKBU-J109LG)とちょっぴり違う。型番は同じなのに色が異なるだけでだ。
そこで、また近くの家電量販店に買い出しに行くことにした。このキーボード、今ではどこの家電量販店にも置いてある。


ところでこのキーボード(BKBU-J109LG)、Amazonではなんと630円。一昨年買ったときはこれほど安くはなかった。他のキーボードと一緒に送ってもらったので送料は無料だったけれども。
なんといっても、こんなに安いキーボードでも親指シフトはしっかり実現できるのだ。

さて、買いに行った近くの量販店では980円の表示。ま、いいか、ってことですぐ購入。
ところが、家に帰ってPCに接続すると、・・・認識しない。いくらやってもだめ。
バッファローさん不良品は出荷しないでくれる !
やれやれ、翌日またその量販店に行く羽目になった。

現在、その交換したキーボードがつながっている。
打鍵の感じは元に戻った。キーがカタカタしないので静かだ。見た感じやはり安っぽいがじゅうぶん使える。
勝手に評価すると、コストパフォーマンスは200パーセントといったところかな。1,000円以下とはとても思えない。

今回不思議に感じたことは、どうして黒いキーボードが流行ってるのかということ。
デルのキーボードなんかみんな真っ黒?
単に格好がいいからという理由だけでは無いと思うのだが・・・。

とにかく黒は視認性が悪い。明るい部屋ではまだいいが、ちょっと暗めのところではキーの位置がはっきりしない。
ホームポジション のキーはまったくキーボードを見ずに打てるが、離れたところは一瞬目を移さなければならない。
キートップの刻印まではっきり見えなくとも、キーの位置はすぐに確認できないと。
黒はコントラストがまったくないから一瞬の判断が少し遅れる気がする。
自分にはやはりオフホワイトかグレー系があっているのかな。
posted by PEN at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2006年03月27日

またキーボードを・・・

投稿の間隔がずい分とあいてしまった。久しぶりの更新。
桜の季節になってしまったとは、早いね。

キーボードをまた替えてみた。気分転換・・・?
と言っても、一昨年、親指シフト入力を始めたときに買ったのと同じ形のキーボード、バッファローBKBU-J109SV。ただ、色が違う。今度のは黒とシルバーのツートンカラー。1,000円もしない安物だけれどもけっこういい。

親指シフトにしてからいったいいくつキーボードを替えたことか。9個 ? う〜ん、そのくらいあるかもしれない。
ただ、高価な物はないので財布に負担はそれほどかけていないけれども。

キーボード専門店「shop u」ではこのキーボードを親指シフトキーボード向きとして扱っているくらいで、JISキーボードを親指シフトで使うにはもってこいの配列になっている。

前回はサンワサプサイのパンタグラフ式キーボードに替えて、親指シフト入力練習で記録更新をしたとこのブログに書いた。その記録をこのキーボードでまたまた更新。一分間に152打鍵。ん〜、なかなかいい感じ。
やはり、このキー配列は親指シフトにいいのかもしれない。

形が同じなので、打った感じも同じかと思ったら、意外と違っている。
材質が異なっているのか、今回のキーボードはカタカタと少々うるさい。しかも、シャキッとした感じがちょいと少ない。なんとなく歯ごたえが悪いというか、とにかくシャキッとしないのだ。
これはなんとかせねば、ということで、古いキーボードのキートップと部分的に入れ換えてみた。


写真のように、なんとも変わった雰囲気になった。ただ、打った感じは相変わらずで、今一歩といった感じ。

それと、スタビライザーの付いたスペースキーはいじらない方がいいかもしれない。一度はずしてしまうとそう簡単にスタビライザーがきっちり納まってくれない。
もう一方のキーボードはスペースキーが残念ながら壊れてしまった。

でもスタビライザーがきちんと付いているのはまだましな方かもしれない。以前、4,000円以上もするキーボードのスペースキーがやけにガタガタするのでキートップをはずしてみたら、なんとスタビライザーがない。他のシフトキーやエンターキーにも付いていないではないか。

安物とはいえ、スタビライザーがきちんと付いているのは良心的といえば良心的。あたりまえか。
posted by PEN at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

2006年03月02日

アサヒパソコンの休刊

今号(3・15)でアサヒパソコンがひとまず休刊とか。
時代の流れと言ってしまえばそれまでだが、長い間のつきあいともなるとやはり寂しさが残る。

今日は病院の内科外来。いつも途中で買うのが以前はゴルフ雑誌。今はアサヒパソコンなどのコンピューター情報誌。

そのアサヒパソコン、今号はいつもとちょいと違う。
赤の表紙に「終了しますが、本当によろしいですか?」の警告。そして、「はい」「いいえ」のボタンがその下に。どちらかをクリックしろということなのか。

表紙をめくると、「またお逢いいたしましょう」で始まる編集長の一文もある。
しばらく休刊して、装い新たに復刊するということなのだろうか。
それとも、いつの間にか完全廃刊にななってしまうのか・・・。

アサヒパソコンの誌名も今となっては古くさい。「パソコン」の文字が入らない誌名で再出発もいいかもしれない。

パソコン誌といえば、ひと昔前はワードとエクセル。一時「ビジネスパソ」とかの雑誌がでたけれども、これもすぐに廃刊。そんな中、アサヒパソコンはちょっと違うなという位置にいたように思う。

インターネットやコンピューターのことを知りたければネットを巡ればそれなりに情報は入ってくる。だが、無数にあるネットの情報の中から必要なものを選び出すのはそんなに容易なことではない。
そんなとき、羅針盤になるような情報誌があれば、それはそれで私だったら買うだろうね。
posted by PEN at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。