Seesaa blog   Sign In

フォレストPEN

PC、WEB、NICOLA(親指シフト入力)、CSS、IDDM・・・・・・についてのメモ

2007年06月03日

半年ぶり

Fedora7がやっとリリースされました。リリース名がMoonshineとか。「月光」、「月明かり」の意味でしょうか。
さっそくisoイメージをダウンロードしてみたが、アクセスが殺到しているらしく、時間がかかりそうなので、しばらく様子をみることにしました。どうせ、すぐに解説本が出るでしょう。その付録のDVDを利用した方が手っとり早いかも。

ところで、木曜日、5月31日は5週間に一度の通院日。いつもと同じように自転車での通院です。片道約30分、サイクリング気分が味わえるわけですが、道路事情が良くないので快適なサイクリングというわけにはいかないのがちょっぴり哀しいところです。

先月、毎年恒例の主治医の交代があって、しばらく続いた女医さんから今年は男性医師。今の病院へ移ってから、5人目、6人目?
とにかく、毎年代わるので、最初のころの先生の名前と顔がはっきりと思い出せない。たしか、最初のころの先生は、東京の国立大学病院から派遣された医師だとか。最近は尋ねたことがないのでよく分かりません。

引き継ぎ直後は私が普通の2型糖尿病だと勘違いされてしまったうことがあったので、今回は私のほうからいきなり失礼ながら質問をぶつけてしまいました。
「私は1型糖尿病の他に、円錐角膜、尋常性白斑症の病気を持っていて、1型糖尿病を発症して大学病院に入院したとき、医師から、これらの病気はみな自己免疫疾患です、と言われたのですが、先生はどう思われますか」と。
ついでに、「自己免疫疾患は治せないのですか?」と質問したら、「それができれば・・・」。

自己免疫疾患というのは厄介なもので、本人にその意思、意識はまったくないのに、免疫機能が自分の身体を壊してしまうという自殺行為を、なんの断りもなく、勝手に、せっせとやっているのだからどうしようもない。


前回検査の結果、HbA1cは7.1まで回復しました。半年前は6%台を記録したけれども、最近はちょっと上がってしまい、7%台を上がったり下がったり。
今回7.1でしたが、低血糖は1ヶ月に3〜4回にとどまっています。6%台のときは1ヶ月に10回以上の低血糖だったから、今のほうが身体には良いのかもしれません。低血糖と引替えにHbA1cをとるか、ちょっとした葛藤があります。
posted by PEN at 23:42 | Comment(27) | TrackBack(8) | 雑記・日記 | |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。