Seesaa blog   Sign In

フォレストPEN

PC、WEB、NICOLA(親指シフト入力)、CSS、IDDM・・・・・・についてのメモ

2005年12月14日

ローコストはいいけれど

最近では姉歯建築士個人よりも建築界全体に問題があるのではとさえ言われるようになってきた構造計算偽装事件。
そう捉えられても仕方がないな。ここまで規模が大きく広がってくると。

10年近く前、私が公立中学校の増築工事をやっていたときに私の所属する会社が倒産した。
工事は一時中断したが、保証会社の建設会社がその工事を引き継いだ。
私にその工事を続けて欲しいということだったので、市役所の一室で関係者列席のなか引き継ぎ式みたいなものを行った。
倒産した会社から新たに工事を引き継いだ会社にその場で移ったわけだ。

その建設会社はローコストマンションなどを積極的に建てていて、所長クラスになると年に一回は海外に出張して建設資材を調達してくるという。私も行かなければならないのかな、なんてことを本気で考えたこともあった。
何やら総元締めのコンサルタント会社の指導を受けていて、どこか今回の事件に似ている。

その会社は某駅前にもホテルを建てたり、ローコストマンションも建てていた。実際に建ったマンションを見たが、外観からはローコストなのかどうかまったくわからない。
そんなに安くできるのと感心したことは覚えている。
偶然にも、2年前、いま通院している病院が病棟の増築工事をしていたけれど、施工はその建設会社だ。

私は結局数ヶ月しかその会社に籍を置かず、ある誘いのまま、中堅ゼネコンに契約社員として転職した。
一度倒産を経験しているので、少しでも安定した会社のほうがいいだろうと考えた結果のこと。それ以上の理由はない。
posted by PEN at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記・日記 | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。