Seesaa blog   Sign In

フォレストPEN

PC、WEB、NICOLA(親指シフト入力)、CSS、IDDM・・・・・・についてのメモ

2006年02月12日

マウスがやっと復活


まるで泥酔のおやじみたいにスクロールがあっち行ったりこっちに行ったり、まったく調子の良くなかった写真のマウス。思い余って分解、調整してみた。

このマウス、案外簡単にバラバラにできた。今まで使ったマウスで一番簡単にカバーがはずせる。
ついでにと、基盤もはずしてみたがさすが基盤をいじるわけにはいかない。
まず、ローラーの軸受けボックスを強くしめてみた。しかし、症状はほとんど変わらない。

ねじを締め直したりいろいろやった後、最後にローラーの軸受けにCRCを注油。少し危険かなとちょっと躊躇したが、意外とこれが効果あったようで、スクロールが以前のようにこちらの意志通りに動き出した。
ちょっと感動 ! こんなに簡単に直ってしまうとは。

このマウスとキーボード、あるキーボード専門店で約5000円で売られているとか。けっこう値が張る代物だ。
私はヤフーオークションで3000円以下で落札するつもりだったが、念のため上限を3000円+αで落札を待っていた。終わってみれば、結局その金額で落札してしまったわけだ。数量が5個あったので私より安く落札した人もいたようだ。私が最高額になってしまったというなんともお粗末な結果に。

とは言え、写真でもわかるように使用後は充電器に乗せておくだけでPCの電源を切っても充電してくれるという優れ物。充電器に乗せなくても、時間が来ると自動的に電源が切れるようになっている。スクロールが正常に戻ったので使い勝手も格段に良くなった。

ただ、ちょっと気になるなのが材質と形状。
ちょっとつまんで充電器に乗せようとすると、するりと指から滑り落ちる。まるで持ち上げてくれるなと言っているようだ。
仕方なく、持ちやすくするために両脇に滑り止めを貼ってある。これがないとうまく持ち上げることができない。
なんともね、こんなことは初めからわかりそうなものだがね。明らかな設計ミス
posted by PEN at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB, PC | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。