Seesaa blog   Sign In

フォレストPEN

PC、WEB、NICOLA(親指シフト入力)、CSS、IDDM・・・・・・についてのメモ

2005年09月04日

インスリン自己注射

9・11事件の数年前、カナダ旅行でトロント市内観光をした。途中、トロント大学で「インスリンが発明された場所」とのガイドが紹介があった。当時、私自身インスリン自己注射をやっていたので感慨深く聞いてはいたが、とくに感動はなかった。たしかに、インスリンの発明によって何年も生き長らえることができるようになったのだから感謝は当然。しかし、つらいことも多いのだ。

インスリン注入器、アベンティス ファーマのオプチクリックに不具合があって自主回収しているという。
ホームページに不具合のロット番号が載っていて、私の使っているオプチクリックのロットは問題なし。だが安心はしていない。

このアベンティス ファーマは最先端のインスリンを開発し、先行発売していて現在日本では競争相手はない。
どうしても使いたければこのメーカーのオプチクリックを選ぶしかない。
このメーカー、意欲的なのかどうかわからないが、今までのインスリン注入器とは少し使い勝手が違う。形も異なれば構造も異なる。従来の注入器が特許になっているらしいのでやむを得ないのかもしれないが、正直言って使い勝手はよくない。さらに自主回収を何回も繰り返しては患者としては使うのをためらってしまうのは当然のこと。
ただこのインスリンは一日中平均して作用するという、今までにない優れた性能を持っている。問題はあっても使用を止めるまでにはならないのが現実だ。

他のメーカーから同様の性能のインスリンが発売されるまで待つ ?
それもひとつの方法だが、病院側がそれを採用するかどうかはまったくわからない。患者の希望だといって聞き入れる病院があるかもしれないが、私の場合は病院が決めている。病院を信頼するしかない。

sanofi aventis
オプチクリックをご使用の患者様へ
http://www.aventis.co.jp/cdi/opticlik/050902p.pdf
posted by PEN at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | IDDM | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6561503
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。